超高輝度LED 激安速攻通販 エルパラ LED販売

店長日記

P10パネルとHD-U62コントローラーで作る簡易サインボード

2020年08月03日

P10単色マトリクスパネルと、新入荷のコントローラーカードHD-U62を使って 簡易電光掲示板を作ってみました。
スチール製の衝立に磁石で張り付けてあるだけの簡易掲示板です。お店の集客やイベントのPOP等に、自分でやれば安くて簡単!! 自作電光掲示板に、ぜひチャレンジしてみてください。

1.今回はP10マトリクスパネル白色32*16の単色パネルを2枚使用します。
 コントローラーは、新入荷のHD-U62を使用します。

 2.コントローラーHD-U62とパネルをIDCフラットケーブルで接続します。ポートは12×1
 ケーブルの赤線が▲の印刷側に来るように、パネルの矢印方向にも注意して下さい。
  3.マトリクスパネル同士をフラットケーブルで接続します。
  4.DC5Vの電源をコントローラーとマトリクスパネルに繋いだら 接続は終了です。
 接続が正しいか、よく確認してから電源を投入して下さい。

  5. 今回はスチール製の衝立にそのまま貼り付けて使用します。
  衝立の付属品マガジンラックの受けを磁石固定用に使用しました。


   ※パネルに文字などを表示させるにはコントローラー付属の専用ソフトが必要です。

          HD2020をPCにインストールして立ち上げてください。
             まず画面設定でパラメータを設定します。
 6. デバイスの種類で、コントローラ「HD-U62」を選択。
  パネルは、32*16横2枚並べなので、幅:64 高さ:16に設定します。
 7.画面設定をするとプログラム入力画面が出ます。今回は文字を流すので、 [ハイパーテキスト]を選び、表示させたい文字入力します。エフェクトやスピード・枠線等を選んでプログラム終了です。
※プレビューと実際の表示が異なる場合がありますので、実際に点灯して調整して下さい。
 8.送信ボタンを押して、USBメモリーに作ったプログラムを転送します。
 9.コントローラーHD-U62にプログラムデータの入ったUSBメモリを挿して認識すると、パネルにUSBと表示されで、プログラムデータ自動で読み込み再生します。

ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内